吉松温泉 つつはの湯

JR吉松駅から県道102号を北へ1㎞ほど進む。古びた看板だけが浴舎のありかを教える。
吠える犬はなく、奥にあった家はほとんど解かれ名残を僅かに残すのみであったが、温泉は営業を続けていた。経年劣化が見てとれるセメント瓦は波を打つが、浴舎は立っていた。正月の飾りが扉に下げられている。





扉を開けると脱衣所だ。右手には木製脱衣棚が二方に並び、プラ籠が所々に置かれている。料金は番台に置かれた箱の中に入れる。

浴室は広い。男女を分ける壁に沿い浴槽が配置されている。一つだけ混合栓のシャワーがある。体を洗う際は主に浴槽の周りを利用する。浴槽の淵には飾りが施されている。木の葉をモチーフにしたようなタイルが貼られている。本来の色は白のようだが、常時湯にさらされているところは茶褐色に変わっている。





浴槽に満たされる湯はほぼ透明で、手にすくうとヒノキ臭を感じ取ることができる。湯口の湯を口に含むと、鉱物と油を混ぜたような味を感じる。源泉温度が高いため加水用のコックをひねって水を加える。
浴室を守る壁は所々に穴が開いていたりする。湯に浸かりながら、浴舎が年月にいつまで耐えていけるのかと気がかりを覚えた。





脱衣所の高い位置に古そうな分析表が掲げられている。昭和32年3月26日の分析年月日が記されている。少なくとも60年を超えて営業しているようだ。源泉名にきくの湯とある。営業当初は別の名で異なる業態だったのかもしれない。


吉松温泉 つつはの湯
姶良郡湧水町川西390-1
単純温泉
59.2℃
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
200円
6:00~20:00
2017/1/3

吉松温泉 中原温泉(貸切湯)

鹿児島と宮崎の県境から鹿児島県側に500mほど、県道102号に沿う高台に貸切湯がある。民家の建物の側に建つ浴舎には4つの扉が並ぶ。時よく、管理の方が戸外にいて、さっそく入浴をお願いした。





「1番にどうぞ」と案内され脱衣所に入る。2畳間弱の脱衣所には長椅子とプラ籠が用意されている。壁には扇風機が備わる。扉を開けると1坪強の浴室が現れた。同時にヒノキ臭が鼻腔に襲いかかった。
浴槽や床はエンジ色のようだが、乳白色が重なり本来の色を判別できない。浴槽には太いパイプから少量の湯が注がれていた。洗面器で湯をすくってみると激熱で、迷わず加水した。混合栓の蛇口であるが、湯印側の蛇口をひねっても何も出ない。湯は薄っすらと褐色を帯びている。





浴槽の上部に窓がある。開け放つと太陽光発電の設備や川内川の堤防、遠くには霧島連山に連なる山々の雄姿が見える。シャワーの湯にも温泉が導かれている。白色の洗面器に湯を満たせば湯の色合いが分かる。
貸切湯だが60分400円と格安で、一人の利用も300円だ。



脱衣所の壁には湯の分析書が掲示されている。塩素系薬剤で管理されていることが示されている。


吉松温泉 中原温泉(貸切湯)
姶良郡湧水町般若寺295-4
0995(75)3259
アルカリ性単純温泉
60.6℃
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
300円(二人以上400円)
9:00~21:00
2017/1/3

旅行人山荘 大隅の湯

梅雨の終わりに訪れた。厚い雲に埋め尽くされた空に迎えられた。控えめながら必要を欠かさないモテナシを受けた夜が明け、大隅の湯に向かった。




内湯と露天が用意されている。内湯は右手に洗い場が並び左手に浴槽が配置されている。
浴槽は2槽に分かれている。手前の半円形浴槽は寝湯、主浴槽は洗い場側が弧を描いている。満たされた湯は白く笹濁り、湯口周辺は白い成分が固着している。




湯を見つめると白い温泉成分の浮遊に気付く。内湯は単純温泉ながら個性を主張しているようだ。



戸外に出ると露天が迎える。青空が広がり空気が澄んでいれば桜島を望むことができるのだが・・・。それでも緑の勢い、自然の声は十分に霧島の自然を感じさせる。
比較的大きい岩で組み上げられた浴槽には硫黄泉が注がれている。底には硫黄成分の堆積を容易に見ることができる。




旅行人山荘を訪れた人のなかには、1年後の宿を予約して帰る人がいるらしい。それが理解できる宿だ。


旅行人山荘 大隅の湯
霧島市牧園町高千穂3865
0995(78)2831 HP
単純温泉(内湯)
60℃(内湯)
単純硫黄泉(露天)
65.3℃(露天)
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯 露天
500円
12:00~15:00
2013/7/7

旅行人山荘 錦江の湯

牧園町を南北に走る国道223号が温泉宿が自然の風景の中に建つ辺りに差し掛かると、旅行人山荘への道を案内する表示が目に留まる。道は木立の中を縫い、登り詰めると森の中に佇むホテルが静かに迎える。




フロントの先にある階段を一つ下りると内湯の入口だ。内湯は大隅の湯と錦江の湯が用意され、男女が時間で入れ替わる。脱衣所は木板がふんだんに用いられている。中央には木製の棚が用意され、藤籠がそれぞれに置かれている。




浴室は右手から正面にかけて浴槽が配置され、左手に洗い場が並ぶ。主浴槽は窓に沿い配置され洗い場側は弧を描く。主浴槽に続く半円形の浴槽は寝湯だ。
注がれているのは単純温泉だが浴槽を満たす湯は白っぽい笹濁りだ。



浴槽の側から外へ移動すると石の柱で組み上げられた露天が姿を現す。晴れた日なら開ける風景の正面に桜島が見える。しかし、雲に阻まれ雄姿を臨むことはできない。露天の浴槽を満たす湯は硫黄泉で、湯口の流れる辺りには白い成分の固着が見られる。




心地よい硫黄泉と絶景が重なる露天、時間を忘れてしまいそうだ。


旅行人山荘 錦江の湯
霧島市牧園町高千穂3865
0995(78)2831 HP
単純温泉(内湯)
60℃(内湯)
単純硫黄泉(露天)
65.3℃(露天)
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯 露天
500円
12:00~15:00
2013/7/6

紫尾温泉 くすのき荘

区営紫尾温泉の斜め向かいに小奇麗な宿がある。車寄せから中に入ると広いロビーが迎える。立ち寄り湯をお願いする。一旦外に出て奥にある駐車場を見やると浴舎が見える。宿からは渡り廊下でつながっている。




浴舎の庇の下には清涼飲料水の自販機とダイヤル式の貴重品入れが置かれている。脱衣所には木製の棚が並び、エアコンと扇風機も用意されている。

アルミ製の引き戸を開けると三角形に近い五角形の主浴槽が目に入る。隣には細く小さい水風呂とサウナが並ぶ。右手壁と見返り壁に洗い場が配置されている。



主浴槽淵には昭和を思い出させる小さい長方形のタイルが貼られ、満たされる湯は薄い緑色を帯びている。弱い玉子味が口に広がり、肌はヌルスベ感に包まれる。紫尾温泉に来た甲斐があったと思わせる。洗い場にも源泉が供給されているようだ。




明るい戸外に目を移すと岩で組まれた露天が誘う。用いられる岩は大きい。露天の半分以上は簡易な屋根に守られている。強い日差しや雨天でも躊躇なく露天を楽しめる。湯口からは勢いよく湯が供給されている。





露天を溢れた湯の行く先に浅い浴槽がある。露天の手前に位置する。寝湯として利用されているようだ。竹が渡されていて、これを枕代わりに目を閉じると心地よい時間が過ぎていく。



宿の玄関側に飲泉場が設けられている。通りすがりに誰でも無料で飲むことができるようだ。傍らに立つ板には神の湯に関するうんちくが綴られている。


紫尾温泉 くすのき荘
薩摩郡さつま町紫尾2145-1
0996(59)8841
単純硫黄泉
46.9℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯 サウナ 水風呂 露天
500円
10:30~21:00
2016/4/30